カテゴリー
時事評論

知人から自己防衛のための手作りマスクを頂きました!

新型肺炎の影響でマスク不足が続いています。そもそも私の子供の頃は、布マスク(ガーゼ)しかなかったような記憶があります。風邪をひくと何度も洗ってヨレヨレの布マスクを母親が、どこからか引っ張り出してきて着けるように言われていたのを覚えています。

写真のマスクは、知人の帽子屋さんが手作りしたものをいただきました。とても良くできています。早速、着用してみましたが、生地もしっかりしていてフィット感バツグンです。自己防衛で手作りされている方も多いと思いますが、このようにスキルのある方が周りの人達のために手助けをしてくれるのは、感謝の一言です。いかがですかプロの出来栄えは・・・ 新型コロナウィルス感染拡大が、マスクだけで阻止できるものではありませんが、このように人と人との助け合いが封じ込めにつながっていくと思います。

それに反して感染した方への非難中傷や暴力による嫌がらせなど何故このような事件が発生するのでしょう。日本以外では、既に終息を宣言して経済活動を再開した国もありますが、必ずしも終息したようには見えない状況です。完全に終息することが期待できないとなれば、医療体制、ワクチン、治療薬の充足を一時も早く達成することが急務となってきます。外出制限、3密の実施、誰もがわかっていることなのにどうしてできないのでしょうか?それは、人間のストレスに対する恐怖感によるものかもしれません。

自分だけは、新型肺炎にかからない、かかりたくないという恐怖心から逃れようとする人間の弱さの表れで社会から規制されればされるほどそこから逃れようとする心があるからに他なりません。かつての戦争で命の危険にさらされて命の大切さを身をもって経験したことのある世代は別にして、治安の良い平和な日本では、新型コロナウィルスは、目に見えない恐怖心そのものであり、そのストレスを回避するための自己防衛に似た行動なのかもしれません。

新型コロナウィルスとの戦争が、まさに始まっています。人類が戦いに勝利するためには、全世界の人達が協力して作戦に協力することが重要です。一人でも裏切り者がいると作戦が失敗に終わってしまいます。何はともあれ一日でも早い終息を願ってやみません。みんなで頑張りましょう。