カテゴリー
ライフスタイル 健康 日記

定額給付金の申請が終わってもアベノマスクが届かない!

全国に出されていた新型コロナウイルスに対する非常事態宣言が解除されました。次第に終息に向かっていると思われている新型コロナウイルスによる肺炎ですが、日常生活がこれほど変わるかと思うほど身の回りの状況は変化してきています。

先日、国民全員に給付される定額給付金の申請書が届いて申請が終わりましたが、小さな子供達も支給対象となっているため子供達の中には、自分へのお小遣いと勘違いしている子もいると聞いています。正しい説明がないままだと子供達は、誤った考えを持ってしまって、自分に所有権のあるお金をもらえないということで、親子断絶にもなりかねません。是非、教育の現場、学校でも指導が必要かと思われます。

それにしてもアベノマスクの目的は、何だったのでしょうか?当初から言われていたように配布の時期が遅れたことで、その効果は無駄に終わってしまった感があります。いまだに届かないことで無用の長物と化しています。医療従事者のように必要としている人に配布先を変更したらどうでしょうか?医療現場では、使用できないにしても、日常的に使用するマスクとして、医療関係者の方や妊婦さんや高齢者の方、社会的弱者の方などに配布先を変更する工夫が必要ではないでしょうか?

私のような発言力のない人間が声を上げても政府に届かないことは、分かっていますが、多くの方が同じ考えを持っておられるのではないでしょうか?たかがマスクごときで大騒ぎすることもないと思われるかもしれませんが、今回の新型コロナウイルスの終息には、世界中探しても見当たらない日本人独特の危機感が重要な役割を果たしていると思っています。

第二波が予想されているとはいえ外出自粛で冷え切った経済活動を活性化する手立ては人の動きを何らか方法で活性化するしかありません。オンライン飲み会、zoom を使っての遠隔授業、日本人の創意と工夫が生かされています。それによって、オンライン活動は、飛躍的に伸びてきました。「あかつきへの道」が提唱する新たなライフスタイルの必要性がますます重要になってきています。

これからもみなさんのお役にたてるよう色々な情報を発信していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

カテゴリー
ライフスタイル 日記

自宅で転倒、胸を強打、肋骨損傷の参事・・・

まさかの出来事が発生、断捨離のつもりで部屋の片付けの最中に脚立から転倒し、胸を強打、救急車を呼ぶ羽目になった。一時は、呼吸をするのがやっとで額から脂汗が落ちて動けませんでした。家の住人が救急車を呼んでくれて病院へ搬送、経験したことのないような痛みを堪えながら救急車で病院へ、そして検査開始。


痛みに堪えながらの超音波検査、MRI、レントゲンと一通りの検査が終わり、ベッドに横になることもできない程の痛みに耐え抜きました。医師の説明では、肺の中の損傷はなく、最悪の事態は、避けられたようです。担当医から家の住人への説明を聴きながら迷惑をかけたことに反省、歳を取るとバランス感覚も鈍ってきたようです。

痛み止めの点滴が効いてきたのか、どうにか歩けるようになって近くの整形外科で痛み止め、肋骨バンドを処方してもらうことになりました。少し安心してきたのか、来週からの仕事が頭に浮かんできましたが、あのまま一人でいたらどうなっていたか・・・


自宅での老人の転倒事故の話は、良く耳にしますが自分がそうなろうとは夢にも思いませんでした。この歳になって一人での作業には、例えば家の中でも細心の注意が必要ですね。助けてくれて者がいなければ、ややもすると命取りになりかねません。新型コロナウイルスによる死者が多数出ている中、自宅で転倒して救急車で運ばれる等、笑い話にもなりかねません。


2〜3日、自宅療養することになるでしょうが、ベッドで寝返りもできない哀れな老人と思われても仕方ない状態です。働き過ぎとは思いませんが、今まで勤勉に過ごしてきたのに神様の仕打ちは、厳しいものでした。痛みに耐えながらしばらく骨休めするしかないようです。


週末の惨事で、あまり人には言えないことですが、今後の反省も込めて記録に残すことにしました。新型コロナウイルスの対応で忙しい中、医療機関の皆様、親切に対応していただきありがとうございました。


反省しきり・・・

カテゴリー
ライフスタイル 日記

セブンイレブンのバナナがウイルスに勝つ・・・!

私は、健康のため毎日1本のバナナを食べることにしています。それもこだわりの1本、セブンイレブンのプレミアムバナナです。フィリピンの標高500m以上の高地で栽培されるバナナは、通常の低地栽培と比較すると糖度が高いと言われています。

このバナナ、収穫後は、日本全国にあるセブンイレブンの「熟成室」と呼ばれる設備で食べ頃をコンピュータでコントロールするという念の入れようです。美味しさの秘密は、こんなところにあったのですね。

バナナの美味しさは、糖分だけではありません。1本で約86キロカロリーと低カロリーなうえに食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれている優れた果物であることが報告されています。もともと食物繊維がたっぷりあるといわれているバナナ。それもそのはず、バナナは食物繊維がたっぷりなことで有名なショウガの仲間なのです。牛乳と一緒に食べることで、整腸作用に加え、余分な老廃物が身体の外に出やすくなるのでダイエット効果も期待できます。

また、バナナは炭水化物が多く、しかも消化もいい果物。ブドウ糖、ショ糖、果糖をたくさん含んでいるので、即効性に加え持続性もある効率の良いスタミナ源なのです。手軽にエネルギー補給ができる果物と言えますね。また、その効果は人間だけにはとどまりません。なんと、レース前の馬にバナナを与えると成績が上がったという調教師の話もあるほどです。

コロナウイルスが猛威を振るっている今でこそ免疫力をアップして身体を守る必要がありますが、こんな時に大活躍するのが白血球です。この白血球が増えることがすなわち免疫力がアップするということにつながるのです。そして、バナナにはこの白血球を増やすことに加え、白血球の質=つまり外敵への攻撃力を高める作用があるのです。ぜひ、健康な方はもとより病み上がりの方には、1日1本のバナナを食べることをオススメします。 バナナは、まさに滋養強壮のフルーツと言えるでしょう。皆さんも是非お試しください。

健康バナナのお話しでした!

カテゴリー
グルメ 日記

驚きの「パンの歴史」!

f:id:mtkinbouys:20191120193000j:plain

パンの歴史は古く、今から8,0000年から6,0000年前にさかのぼるといわれています。小麦粉と水だけで作られていた当時のパンも、ビールを作るときに使うビール酵母に目を付けたパン職人の手によって、現在のような発酵したパンが量産され世界中に広まったと言われています。

日本には、鉄砲とともに伝えられ、当時は、キリスト教禁教令のため長崎などで、西洋人たちだけのために作られていたという記録があります。また、戦国時代には、戦いに向かう兵隊が携行する非常食として考えられた時期もあったが、実現はしなかったようです。鎖国が終わると一気にパン作りが広がり、あの「あんパン」で有名な「木村屋総本店」が、銀座にお店を開業したのが、日本で、もっとも古いパン屋さんのはじまりです。

今やパンは、米についで主食の代名詞となっていますが、食生活の洋風化がなかったらこれほど広がることもなかったでしょう。なお、世界の代表的なパンの種類には、食パンや玄米パンの他、雑穀パン、バゲット、黒パン、グラハムブレッド、チャパティ等たくさんの種類があり、世界中のパンへのこだわりを見ることができます。

「グラハムブレッド」については、皆さんも一度は、耳にしたことがあるパンの名前だと思いますが、フランス語では「パン・コンプレ」。完全なパンという意味です。原材料は、通常のパンが小麦粉を使用するのに対して、文字通りグラハム粉を使用します。グラハム粉とは、小麦を胚乳部分と表皮部分(胚芽も含む)に分けて、胚乳は普通の小麦粉と同じ細かさで挽き、表皮部分は粗挽きにして、その後両者を混ぜあわせたものです。別々に挽いて後で混ぜ合わせるとは、いかにも面倒な方法で作られるのですね~

「グラハムブレッド」は、このグラハム粉を25%加えて焼いた、ハード系のパンです。本場、フランスでは、「パン・コンプレ」の名のとおり完全なパンと言われ、非常に栄養価が高いことで知られています。ところで、この「グラハムブレッド」の名前は、菜食禁酒主義の急先鋒、教会の聖職者である「シルベスター・グラハム」の名前にちなんで名づけられたとされています。

彼は、19世紀初め菜食主義を提唱し「グラハムクラッカー(全粒粉で作ったクラッカー)」を考案したことでも知られています。余談ですが、菜食禁酒主義のグラハムを信奉した人々の中には、あの『若草物語』の著者、ルイーザ・メイ・オルコットの父であるブロンソン・オルコットがいたとされています。ご存知でしたか?

f:id:mtkinbouys:20191120232648j:plain

当時、彼は、白パン用の小麦粉を作るときに胚芽やぬかなどの栄養素を捨てていることを問題視して、小麦粉の製粉とパンを焼く時に、穀物の全てを使うことを考案し、このパンを作ったとされています。自分の作った「グラハムブレッド」が、アメリカ人の友人の健康不良(脚気)の救済策になるのではと考えていたようですから驚きです。健康志向の観点からも「グラハムブレッド」は、おすすめの食品かもしれません。ぜひ、歴史を感じながら味わってみてください。

パンを自分の家庭で作って食べることが、料理を作る女性たちの楽しみの一つとして、日本でも定着しており、その人気ぶりがうかがえます。「たかがパン、されどパン」といったところでしょうか!

おいしいパンを食べてみませんか・・・

カテゴリー
ライフスタイル

早歩きのすすめ、1日8千歩のうち早歩き20分を目標に!

1日4千歩、そのうち早歩き5分でうつ病の予防、5千歩の内早歩き7.5分で脳卒中、心臓病、認知症、要介護の予防、7千歩の内15分早歩きで動脈硬化、癌、骨粗しょう症の予防、8千歩の内早歩き20分で糖尿病、高血圧等の予防ができるという記事を見つけました。

病気の発症率が10分の1になったという、ある地域の実態調査の裏には、健康寿命を伸ばすために、1日8千歩、早歩き20分を目標に掲げて、健康への意識を高めようとするその地域の努力が見られます。

ひと頃、万歩計を腰に付けて、1日、1万歩歩きましょうと言われていた時代もありましたが、継続していたことが、成果に結びついたようです。歩くことが、健康造りの第一歩とはこのことですね。私の場合は、毎日1時間の散歩を心がけていますが、歩数に関係なく、その日の体調に合わせて、歩く時間を増減しています。これからは、散歩の中に意識的に早歩きを取り入れることを心掛けたいと思います。

通常、早歩きは、何とか会話のできる程度のペースと言われていますが、歩幅を広げて胸を張ることを意識することが大切なようです。少しでも歩数を増やすためには、車で出かける時に入口から一番遠い駐車位置に止めるなど、ちょっとした努力で歩数を増やすことができるようです。

やむなく現在では、不要不急の外出をしないよう自粛が基本ですが、人と接触することの少ない地方や人と人との間隔を確保できる環境があれば、家に閉じこもることなく、意識的に出かけることを心がけることが必要ですね!特に寒い環境で体温が1度下がると、免疫力が約30%低下すると言われていますので、注意が必要です。

スポーツ庁では、「屋外での運動や散歩」は、新型コロナウイルスによる外出自粛規制の対象にならないとしており、身体的・精神的な健康を維持するには体を動かしたりスポーツを行うことが必要です。散歩を趣味としている者に取っては、体を動かすことはもとより、気分転換のために外出することが何より楽しみですし、今後とも続けていきたいものです。

散歩大好き人間の独り言・・・

カテゴリー
ライフスタイル 日記

母の日に藤の花を贈る!

今年の母の日に贈った藤の花が、見事に咲きました。母の日には、カーネーションが一般的ですが、目先を変えて送った藤の花の盆栽が好評でした。藤の花の花言葉は「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」と言われています。あまり母の日に贈る花には似つかわしくないようですが、贈られた母は、嬉しそうに眺めていました。既に自然界のは開花時期を過ぎていますが、母の日に合わせて開花するよう調整してくれたせいか見事に咲いてくれました。

和の風情を強く感じさせる藤の花は外国人観光客にも人気があるそうです。「優しさ」「歓迎」の花言葉は、人々を温かく迎え入れてくれるような花姿にちなむともいわれます。フジの英語の花言葉は「welcome(歓迎)」「steadfast(確固たる、しっかりした、忠実な)」です。

こうして咲き誇る藤の花を見ていると、新型コロナウイルスのこと等忘れてしまいそうですが、年老いた母が新型コロナウイルスに感染しないよう細心の注意を心掛けています。しばらくは、見る人の目を楽しませてくれる藤の花も勢いよく若葉を茂らせて元気をもらえそうです。

また、来年も咲いてくれるよう大切に育ててくれることを願っています。今日は、小さな盆栽の藤の花が、少しだけ優しい気持ちにさせてくれました。

日本人でよかった・・・

「藤の花」の購入先へ!

カテゴリー
時事評論

暖冬の後に訪れるものは、赤熱地獄の夏かも・・・

最近の日本の異常気象も九州地方では、雪の降らない冬という、かつては考えることができないような気候への影響を与えています。私たちの生活になくてならない冬野菜も今年は、異常な成長ぶりで安値が続いて消費者にはうれしい話でも生産者にとっては、厳しい冬になったようです。

植物にとって気象の変化は、その成長ぶりに顕著に影響してきて、野菜を生産する生産者の思いとは全く違った結果を出してしまいます。消費の動向を見ながら生産する製造業と違って、天気を相手に生産する野菜類は、その成長を待ってくれません。豊作を期待して育てあげても過剰供給で安値がつづき赤字経営となってしまうのです。

野菜の種類によっては、成長をコントロールできるものが出てきました。野菜工場と呼ばれる室内での野菜生産の自動化です。天気に左右されないIT技術による機械的な生産方法です。これからの異常気象に対抗する画期的な生産方法で期待されているようです。

私の身の回りにも農業従事者の方がおられますが、高齢化が進み後継者不足に悩んでおられる農家の方を見かけます。機械生産には、初期投資がかかることがネックとなっているようですが、これからの農業を考えるうえで、異常気象を抜きにしては考えられません。暖冬の後に訪れる灼熱の夏をどう乗り越えていくのか、農業だけでなく私たちの生活環境を考えるうえでも、冷房や暑さ対策にかかるエネルギー確保は、重要な課題だと思います。

新型コロナウイルスによる経済成長の低迷に加えて、異常気象の影響で日本の経済は、ダブルパンチを受けることになるのでしょうか?

これから必要とされる電気の供給をどうやっていくのか社会全体の問題として、私たち全員で考えていかなければならないと思います。

続く・・・

カテゴリー
時事評論

自宅で転倒、胸を強打、肋骨を損傷・・・

まさかの出来事が発生、断捨離のつもりで部屋の片付けの最中に脚立から転倒し、胸を強打、救急車を呼ぶ羽目になった。一時は、呼吸をするのがやっとで額から脂汗が落ちて動けなかった。家の住人が救急車を呼んでくれて病院へ搬送、経験したことのないような痛みを堪えながら検査開始。

痛みに堪えながら超音波検査、MRI、レントゲンと一通りの検査が終わる。ベッドに横になることもできない程の痛みに耐え抜いた。肺の中の損傷はなく、最悪の事態は、避けられた。家の住人への説明を聴きながら迷惑をかけたことに反省、歳を取るとバランス感覚も鈍ってきたようです。

痛み止めの点滴が効いてきたのか、どうにか歩けるようになって近くの整形外科で痛み止め、肋骨バンドを処方してもらう。少し安心してきたのか、来週からの仕事が頭に浮かんできた。あのまま一人でいたらどうなっていたか・・・

自宅での老人の転倒事故の話は、良く耳にしますが自分がそうなろうとは夢にも思いませんでした。この歳になって一人での作業には、例えば家の中でも細心の注意が必要ですね。助けてくれて者がいなければ、ややもすると命取りになりかねません。新型コロナウイルスによる死者が多数出ている中、自宅で転倒して救急車で運ばれる等、笑い者になりかねません。

2〜3日、自宅療養することになるでしょうが、ベッドで寝返りもできない哀れな老人と思われても仕方ない。働き過ぎとは思いませんが、今まで勤勉に過ごしてきたのに神様の仕打ちは、厳しかった。痛みに耐えながらしばらく骨休めするしかないようです。

週末の惨事に、あまり人には言えないことですが、今後の反省も込めて記録に残すことにしました。忙しい中、医療機関の皆様、親切に対応していただきありがとうございました。

反省しきり・・・

カテゴリー
時事評論

新型コロナウイルス感染拡大は、終息傾向!?

全世界に猛威を振るった新型コロナウイルス、その感染拡大が、少しづつではありますが終息に近づいているようです。まだまだ、安心はできませんが、日々の新規感染者の数を見ると、全世界の人々の努力で減少傾向にあるのは事実です。

治療薬がないと言う現実をどのようにして切り抜けて行くのか日々心配しておりましたが、外出自粛と言う極めて原始的な方法で人から人への感染拡大が抑えられているようです。

そのため人の動きが経済効果を生み出す観光や飲食業界では、リーマンショック以来の厳しい経済情勢で倒産する事業者が続出する結果となっています。今後、どうなって行くのか鍵を握るのは、ウイルスの治療薬、ワクチン、感染拡大の防止策と言ったところでしょうか。

その道のりは、遠く2〜3年先と予測する方もおられるようです。新しい生活パターンを強いられていることは確かなのですが、人と人とのコミュニケーションをオンラインでカバーする事に慣れていない私たちにとってはストレスが溜まる一方です。

以前のようにとは言えないまでも、それに近づくために今は我慢としか言いようがないのが現実です。実際に顔を合わせ話をすることに慣れていて、それが当たり前の世界からスマホの画面を見て会った気になるには、少し時間がかかるのかも知れません。

少しでも早く普通の生活に戻れることを願って止みません。

一期一会の世界観を持つ日本人より・・・

カテゴリー
ライフスタイル

大切な人との思い出、スローライフのライフスタイルとは・・・

自分の一番大切な人と出会えたと思えるのは、その人を失った時かもしれません。悲しい書き出しですが、ある人が、自分の人生で一番悲しい出来事は、家族の不幸かもしれないと言った方がおられました。長年連れ添った妻との思い出、子供たちの成長を楽しみに仕事に打ち込んでいた頃の思い出、家族や友人との食事や旅行をした思い出、どれもかけがえのない「大切な人」との時間ですが、思い出という形で脳裏に刻まれていきます。

日頃の生活では、忙しい時間が、考える間もなく、当たり前のように過ぎ去っていってしまいます。誰にでも等しく1日の時間が与えられているのですが、各人がそれぞれ全く違った価値観で自分の時間を使っています。毎日の生活の中で少しの時間、立ち止まってみることは、何も特別なことではないのですが、過去の思い出を振り返ることで自分の「大切な人」の顔が見えてくるのかもしれません。

こうしてブログを書いている時間も自分を見つめるうえで大切な時間です。みんなが寝静まった深夜にパソコンのキーボードをたたく音だけが響いていますが、何かに吸い寄せられるように記憶を引き出しながら文章を作り上げていく時間は、いつの頃からか自分のライフスタイルになってしまいました。

色々と想像の世界を旅することは、現実を離れて、ストレスのない自分だけの世界に浸ることもできます。何とはなしに過去を振り返った時、自分の周りで自分を支えてくれる「大切な人」の顔が浮かんでくるのかもしれません。

これからも大切な人との時間を共有することで、ゆっくりとした時間の流れを感じながら生活するスローライフをスタイルを目指していけたらと思います。

「大切な人」に感謝・・・