カテゴリー
時事評論

自宅で転倒、胸を強打、肋骨を損傷・・・

まさかの出来事が発生、断捨離のつもりで部屋の片付けの最中に脚立から転倒し、胸を強打、救急車を呼ぶ羽目になった。一時は、呼吸をするのがやっとで額から脂汗が落ちて動けなかった。家の住人が救急車を呼んでくれて病院へ搬送、経験したことのないような痛みを堪えながら検査開始。

痛みに堪えながら超音波検査、MRI、レントゲンと一通りの検査が終わる。ベッドに横になることもできない程の痛みに耐え抜いた。肺の中の損傷はなく、最悪の事態は、避けられた。家の住人への説明を聴きながら迷惑をかけたことに反省、歳を取るとバランス感覚も鈍ってきたようです。

痛み止めの点滴が効いてきたのか、どうにか歩けるようになって近くの整形外科で痛み止め、肋骨バンドを処方してもらう。少し安心してきたのか、来週からの仕事が頭に浮かんできた。あのまま一人でいたらどうなっていたか・・・

自宅での老人の転倒事故の話は、良く耳にしますが自分がそうなろうとは夢にも思いませんでした。この歳になって一人での作業には、例えば家の中でも細心の注意が必要ですね。助けてくれて者がいなければ、ややもすると命取りになりかねません。新型コロナウイルスによる死者が多数出ている中、自宅で転倒して救急車で運ばれる等、笑い者になりかねません。

2〜3日、自宅療養することになるでしょうが、ベッドで寝返りもできない哀れな老人と思われても仕方ない。働き過ぎとは思いませんが、今まで勤勉に過ごしてきたのに神様の仕打ちは、厳しかった。痛みに耐えながらしばらく骨休めするしかないようです。

週末の惨事に、あまり人には言えないことですが、今後の反省も込めて記録に残すことにしました。忙しい中、医療機関の皆様、親切に対応していただきありがとうございました。

反省しきり・・・

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です