カテゴリー
未分類

こだわりの逸品

毎朝、このグッズがないと始まりません。私の朝は、この電気カミソリを手にすることから始まります。数年来、私の髭剃りを手伝ってくれるBROWN9シリーズの電気カミソリ、他の電気カミソリも使用してはみましたが、このメーカーにたどり着きました。とは大げさな言い方ですが、その剃りごこちは格別で髭を剃りながら、その日一日の仕事の予定や行動に思いを馳せ、テレビで朝のニュースを見るのも楽しみの一つです。

何もそこまでこだわるようなことではないのでは、とおっしゃる方がおられると思いますが、髭を剃りながら外を眺めては、その日の天気、空模様、季節の移り変わりまでも一緒に見てきた私の相棒です。

女性の方には、申し訳ありませんが、髭剃りは、男の特権で何となく男のロマンを感じてしまうのは私だけでしょうか?                           いつだったか、この電気カミソリをオーバーホールに出したことがあって、自分の髭剃りがなく、息子のものを拝借しましたが、何となく違和感があり、オーバーホール完了の連絡が待ち遠しかったことを思いだしてしまいました。

電気カミソリは、たかが髭を剃る道具ではありますが、毎日使用していると、愛着が湧いてきて、自分にとってなくてはならない存在となって生活の一部となってしまっていることに気付かされます。こんな素晴らしい道具を発見できたのもインターネットのおかげですが、こだわりの逸品として一生大切にしていきたいものです。定番グッズの一つとして・・・

新型コロナウイルスに翻弄された今年の春も足早に過ぎ去って、季節は、いつの間にか暑い夏を迎えようとしています。朝のすがすがしい風を浴びながらベランダで髭をそる私に、我が家の住人は、衛生的でないので洗面台で剃るよう注意してくれたことがありましたが、外の眺めを満喫しながら過ごすこの時間だけは譲れません。

今日もわがままな自分だけのささやかな時間が終わると、忙しい一日の始まりです。

髭男爵の独り言

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です